NEWS

NEWS

TOPNEWS思想としての法華経展
戻る
  • 思想としての法華経展

    高祖日蓮大士御降誕800年慶讃
    思想としての法華経展
    監修:仏教思想研究家 植木雅俊
     
    期間:  令和3年7月10日(土)~令和4年2月16日(水)
    京都佛立ミュージアム 入館無料
    平日 10時−16時
    土日祝 10時−17時
    休館 月曜日(※但し、月曜日が祝祭日及び25日のときは開館、翌日代休。)
     
    入場料:無料 どなたでも自由にご観覧ください。
    場所:京都市上京区御前通一条上ル東竪町110
     
    主催:京都佛立ミュージアム  協賛:本門佛立宗
    後援:京都府/京都府教育委員会/京都市/京都市教育委員会/京都新聞/KBS 京都/エフエム京都/NHK文化センター京都教室
    協力:KADOKAWA/日蓮宗宗務院/日蓮宗妙傳寺/日蓮宗蓮永寺/林風舎/宮澤家/石川県七尾美術館/お茶の水女子大学/アバヤギリ・ミュージアム/佛立図書室/本門佛立宗スリランカ教区/本門佛立宗インド教区/本泉寺/妙福寺/長松寺/ほか(順不同・申請中を含む)
     
    植木雅俊 新刊「日蓮の手紙」(角川ソフィア文庫)
    出版記念 特別講演会
    2021年7月11日(日)14:00〜
    京都佛立ミュージアムにて
    要予約
     
     
    「思想としての法華経展」
    東西の古代文明が行き交う西北インドで成立した『法華経』には、異なる宗教、異なる民族の対立という試練を乗り越えるための寛容の思想が満ちあふれています。植木雅俊氏がサンスクリット原典からの緻密な読解を通して画期的な現代語訳を成し遂げた著作『思想としての法華経』(岩波書店)をもとに、共存と融和を希求する思想に込められた『法華経』の今日的な意義を問う企画展です。
    さらに、令和4年に迎える日蓮聖人ご生誕800年を記念して、日蓮聖人がどのように『法華経』を読み解かれたかも紹介いたします。
     
     
    植木雅俊
    1951(昭和26)年、長崎県生まれ。仏教思想研究家。九州大学大学院理学研究科修士課程修了(理学修士)、東洋大学大学院文学研究科 博士後期課程中退(文学修士)、91年から東方学院で中村元氏のもとでインド思想・仏教思想論、サンスクリット語を学ぶ。2002年、お茶の水女子大学で人文科学博士号を取得(男性初)。『梵漢和対照・現代語訳 法華経』上・下巻(岩波書店、2008年)で毎日出版文化賞を受賞。日本ペンクラブ会員、日本印度学仏教学会会員、仏教思想学会会員、比較思想学会会員
     
    特別展示物
    長谷川等伯筆 法華経「絵曼荼羅」(精密複製) 日蓮宗 妙傳寺 蔵
    長谷川等伯筆 「善女龍王図」(精密複製) 石川県七尾美術館 蔵
    勝海舟「南無妙法蓮華経」(精密複製) 日蓮宗 蓮永寺 蔵
    宮沢賢治「雨ニモマケズ手帳」(精密複製) 林風舎 蔵
    宮沢賢治の遺言によって出版された「国訳妙法蓮華経」
     
    【展示内容】
    1. オープニングムービー
    2. 植木雅俊先生のご紹介
    3. 仏教ってなに? 
    4. 法華経ってなに?
    5. 信仰としての法華経へ 日蓮
    ※展示期間中、これらの内容は変更することがございます。ご了承ください。
     
     

  • 京都佛立ミュージアムについて
  • NEWS
  • 現在開催中の展示
  • 映像 / HBS番組
  • SHOP
  • 生涯学習支援について / テラコヤスコラ
  • スペースのご利用について
  • お問い合わせ
  • 組織図
  • ミュージアムブログ
  • 所蔵作品